• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 制度・控除上限額について 』 内のよくある質問

16件中 11 - 16 件を表示

2 / 2ページ
  • ふるさとチョイスが発行する「寄附金控除に関する証明書」について

    1年間のふるさと納税をまとめたデータファイルのダウンロードが可能です。 e-taxで寄付を1件ずつ入力する手間を省け、スムーズに申請ができるサービスとなります。 概要のご案内はこちらです。以下に記載のないよくある質問の案内もあります。 Q.「寄附金控除に関する証明書」はどのような形式でダウンロードできますか。 このようなXML形式ファイル(プログラム... 詳細表示

  • 控除上限額の計算や設定について(退職・産休・年金・副収入も含む)

    ・上限額を超えてしまった場合について ・退職される場合の控除上限額(退職金・年金)について ・個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の金額はシミュレーションの どこに入れるのか ・来年収入が無くなってしまう場合について ・産休、育休中のふるさと納税について ※上記項目を選択いただくと該当箇所がページ上部に表示されます 上限額を超えて... 詳細表示

    • No:3395
    • 公開日時:2020/05/29 11:32
    • 更新日時:2022/06/21 10:59
    • カテゴリー: 控除
    • ウィザードよくある質問
  • 申込には期限がありますか?

    毎年、決済の処理が年内に間に合わない方が多くいらっしゃいます。 年内寄付は時間に余裕をもってお申し込みされることをお勧めいたします。 ■年内の申し込みはいつからいつまでか ふるさと納税は本年1月1日~12月31日に入金完了が条件です。寄付は1年中可能です。 お礼の品の到着や、寄付金受領証明書の到着は翌年でも寄付日に影響いたしません。 寄... 詳細表示

    • No:3341
    • 公開日時:2020/05/26 14:47
    • 更新日時:2022/05/10 11:39
    • カテゴリー: 寄付申込  ,  制度
    • ウィザードよくある質問
  • 各種控除(配偶者・扶養・寡婦・障害者・住宅ローン等)について

    寡婦控除 夫や妻との死別もしくは離婚後に婚姻していない方、または夫や妻の生死が 明らかではない方で一定の要件に該当する方は寡婦(寡夫)控除を受けられる 可能性がございます。 詳細は以下、国税庁ホームページをご覧ください。 ※外部サイトです ▼国税庁 No.1170 寡婦控除 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxans... 詳細表示

    • No:2546
    • 公開日時:2020/02/19 17:03
    • 更新日時:2022/05/10 14:31
    • カテゴリー: 控除
    • ウィザードよくある質問
  • 2,000円の自己負担は毎回支払うのか

    年間の寄付総額に対して2,000円です。 年間の寄付金額から2,000円が引かれ、残った金額の上限寄付金額内分が控除されます。 寄付の都度、お支払いいただく必要はありません。 例:年間合計寄付金額が20,000円だった場合、18,000円が控除対象となります なお、確定申告で控除申請をする際は、2,000円を引いた金額で行ってください。 ※e-Taxで行う場... 詳細表示

    • No:1900
    • 公開日時:2019/12/03 15:30
    • 更新日時:2022/06/17 12:04
    • カテゴリー: 制度
  • 自分がふるさと納税できるのか分からない

    所得税や個人住民税を払う必要のない方は、寄付金控除は受けられません。 ただし、ふるさと納税は自治体への寄付なので、寄付はどなたでも可能です。 この場合、支払った金額は全額自治体への寄付となります。 寄付金控除を受けるには条件があり、年収、家族構成、その他の控除の金額等によりその上限額が決定されます。 ふるさと納税は、おもに翌年の住民税からの控除となります。 ... 詳細表示

    • No:1866
    • 公開日時:2019/11/28 10:21
    • 更新日時:2022/06/07 11:20
    • カテゴリー: 制度

16件中 11 - 16 件を表示