• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ふるさと納税制度 』 内のよくある質問

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • 住んでいる自治体に寄付してもよいか

    住民票登録のある自治体(市区町村)へふるさと納税をされた場合でも、寄付控除の申請を していただくことで、控除上限額内であれば控除の対象となります。 ただし、ふるさと納税の制度上、原則、お礼の品を希望して寄付をすることはできません。 寄付をご希望の場合は、各自治体ページの「お礼の品不要の寄付をする」ボタンより、お手 続きをお願いいたします。 ※感謝状等、経... 詳細表示

    • No:683
    • 公開日時:2018/05/26 10:44
    • 更新日時:2021/01/19 15:02
  • ふるさと納税とは

    「税金を故郷に納税する制度」というイメージですが、実際は「寄付」となります。 寄付をする自治体は「生まれ故郷」である必要はありません。ご自分の好きなところ を選ぶことができます。 もちろん、生まれ育った街でもいいし、自分の好きな街、お世話になった方が住んで いる街でもいいのです。ふるさと納税対象自治体であればどこでも大丈夫です。 寄附金の使い道をご自身で... 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2018/03/16 15:00
    • 更新日時:2020/10/27 14:52
  • 今住んでいるところは住民票の住所と異なるが問題ないか

    住んでいる場所と住民票の住所が異なる場合 お申し込み時には住民票の住所のご入力をお願いします。 ふるさと納税の寄付金控除は、主に住民税からの控除となりますので住民税の納税先の ご住所でのお申し込みが必要となります。 ※住民票の住所が住民税の納税先でない場合は補足説明をご参照ください。 ※住民税の課税の基準は1月1日時点に住民票があるところになり... 詳細表示

    • No:265
    • 公開日時:2018/03/16 15:00
    • 更新日時:2020/10/12 14:44
  • 確定申告、ワンストップ特例制度に関して

    確定申告はいつすればいいのか 1月~12月の間に行ったふるさと納税に対しての確定申告期間は、原則として翌年の2月 16日~3月15日になります。(カレンダーによる閉庁日の関係等で異なることがあります) ※2020年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、確定申告の期間が延長されました。 ※予約制等、感染防止対策がとられるようでございますので、詳しくは国税庁ホーム... 詳細表示

    • No:3378
    • 公開日時:2020/06/24 21:00
    • 更新日時:2021/01/08 14:26
    • ウィザードよくある質問
  • 2000円の自己負担は毎回支払うのか

    年間の寄付額に対して2000円でございます。 年間の寄付金額から2000円が引かれ、上限寄付金額分が控除されます。 寄付の都度お支払いいただく必要はございません。 なお、確定申告にて寄付金控除申請をされる際は、2000円を引いた金額で申請をし ていただきますようお願いいたします。 (寄付金控除の上限額を超えた場合は、超えている分は純粋な寄付となります) ... 詳細表示

    • No:1900
    • 公開日時:2019/12/03 15:30
    • 更新日時:2020/10/19 17:00
  • 自分がふるさと納税できるのか分からない

    所得税や個人住民税を払う必要のない方は、寄付金控除は受けられません。 ただし、ふるさと納税は自治体への寄付になりますので、寄付はどなたでも可能でござ います。寄付金控除を受けるには条件があり、年収、家族構成、その他の控除の金額等 によりその上限額が決定されます。 ふるさと納税は、おもに翌年の住民税からの控除となります。 新入社員の方などで、今年住民税を納... 詳細表示

    • No:1866
    • 公開日時:2019/11/28 10:21
    • 更新日時:2020/11/09 17:05

6件中 1 - 6 件を表示