• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • FAQ > 制度に関して

『 制度に関して 』 内のFAQ

21件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 寄附額が控除上限額を超えるとどうなるか知りたい

    ふるさと納税は、控除上限額内であれば、寄附額全体で実質2,000円の自己負担で税控除が受けられます。上限を超えると、ふるさと納税による控除が無いため、超えた分は純粋な寄附扱いとなります。 詳細表示

  • 今住んでいるところは住民票の住所と異なるが問題ないか

    住民票の住所を変更していない場合であっても、ふるさと納税の申請は、住民票記載の 住所でお願いします。 住民税の課税の基準は1月1日時点に住民票があるところになり、また、確定申告で 記載する住所も住民票の住所になりますので、その住所が書かれた寄附金受領証明書が 必要になります。 詳細表示

  • 現在住んでいる自治体へも寄附しても問題ないか知りたい

    住民票登録のある自治体へふるさと納税をされた場合でも、寄附控除の申請を していただくことで、控除上限額内であれば、控除の対象となります。 ただし、一部の自治体では、ふるさと納税の寄附は受け付けるが、お礼の品は もらえないなどの規定がございます。各自治体によって対応は異なる場合が ございますので、現住所の自治体にお問い合わせいただくことをおすすめします。 詳細表示

  • お礼の品の到着が来年になっている場合の寄附と年度の関係を知りたい。

    ふるさと納税は、基本的には1月1日~12月31日までに申し込み・入金が完了した分が その年の寄附として取り扱われます。 ※クレジットカードの引き落とし日やお礼の品の到着日、寄附金受領証明書の送付日は 寄附に影響いたしません。 詳細表示

  • 自治体の違う同一都道府県内に納税することは可能か知りたい。

    可能です。 ただし、ふるさとの納税の控除方法で、ワンストップ特例制度をご利用になる場合は 5自治体以内と制限がございます。 確定申告のご予定であれば、寄附先の自治体の数に限りはございません。 ご利用になる控除方法に合わせて寄附先の件数をご検討下さい。 詳細表示

  • 公務員でも税金の控除を受けられるか知りたい

    公務員の方でも、収入、家族構成に応じて税の控除を受けることができます。 控除の詳細に関しては以下をご覧いただけますようお願いいたします。 https://www.furusato-tax.jp/about/simulation?header_guide 詳細表示

  • ふるさと納税制度ってどんな制度?

    ふるさと納税は、「税金を故郷に納税する制度」というように思う方がほとんどですが、 実際は「寄附」となります。 正式名称は、住民税の「寄附金税額控除」といい、「寄附」を通じて、住民税の一部を「自分のふるさと」である 自治体に移す制度です。寄附をする自治体は「生まれ故郷」 である必要はありません。ご自分の好きなところを選ぶことができます。もちろん、 生まれ育った街でもいいし、自分の好きな街、お... 詳細表示

  • ふるさと納税についての詐欺の心配は無いか知りたい。

    ふるさと納税(寄附金)は、寄附をしようとする方が申し込みをしたうえで、指定された 方法で支払うこととなります。お申し込みをしていない方に、送金をお願いすることは 絶対にありませんので、詐欺行為には、くれぐれも注意していただきますようお願いします。 詳細表示

  • ふるさと納税の締め切りに関して知りたい。

    ふるさと納税は、基本的には毎年12月31日までに申込・入金が完了した分が対象になります。 (ただ、自治体によっては31日より前に寄附申込を締め切る場合がございます) 寄附の基準は引き落とし日ではなく、自治体への入金日となります。 引き落とし日やお礼の品の到着日は寄附に影響いたしません。詳細な日程については 自治体によって異なるため、ふるさとチョイスの各自治体ページをご確認いただくか、... 詳細表示

  • ふるさと納税は現住所の自治体にも出来るのか

    現住所の自治体にお問い合わせください。 一部の自治体では、ふるさと納税の寄附は 受け付けるが、お礼の品はもらえないなどの規定がございます。各自治体によって対応は 異なる場合がございますので、現住所の自治体にお問い合わせいただくことをおすすめ いたします。 各自治体の連絡先は以下に記載がございます。 ・ふるさとチョイス各自治体ページ「自治体情報」タブ 詳細表示

21件中 1 - 10 件を表示