• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 制度や控除上限額に関して 』 内のよくある質問

15件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 株式の譲渡益がある場合、特定口座でも申告した方がよいのか

    ふるさと納税の控除上限額は、住民税所得割額によって決まります。 株式の譲渡益は、 特定口座の場合は申告不要ですが、申告することで住民税所得割額が大きくなりますので、 控除上限額を大きくしたい場合は、特定口座の場合でも申告する必要がございます。 詳細に関しては、弊社が提携する税理士法人までお問い合わせをお願いいたします。 【無料相談】 税理士法人エム・エム・アイ ... 詳細表示

    • No:348
    • 公開日時:2018/03/16 15:00
    • 更新日時:2020/01/29 16:09
    • カテゴリー: 控除上限額
  • 各種控除について

    詳細を知りたい項目を選択してください。 ※チャットでご質問いただいている場合はこちらをご参照ください。 詳細表示

    • No:2546
    • 公開日時:2020/02/19 17:03
    • 更新日時:2020/02/20 16:54
    • カテゴリー: 控除上限額
    • ウィザードよくある質問
  • 産休、育休期間中のふるさと納税のメリット、デメリットに関して知りたい。

    寄附の控除上限額は、寄附をされた年(1月1日~12月31日)の収入によって決まります。 産休、育休中の場合は、収入がない為その分を考慮した収入で寄附の上限金額を 計算いただき、その範囲内で寄附を行うことで控除を受けられます。 詳細表示

    • No:389
    • 公開日時:2018/03/16 15:00
    • 更新日時:2019/12/26 11:10
    • カテゴリー: 控除上限額
  • 2000円の自己負担は毎回支払うのか

    年間の寄附額に対して2000円でございます。なお、2000円分を追加でお支払いいただく必 要はございません。 寄附金控除の申請をされると、自動的に2000円分が控除対象外となります。 (寄附金控除の上限額を超えた場合は、超えている分は純粋な寄附となります) 詳細表示

  • ワンストップ特例制度を利用するための条件・利用方法

        条件     条件1 もともと確定申告をする必要のない給与所得者であること  ※以下に該当する場合、確定申告の必要があるためご利用いただけません。   ・二か所以上から給与収入がある場合   ・給与以外に不動産等の収入がある場合   ・年収2,000万円を超える所得者の場合   ・医療費控除を受ける場合     など    条件2 1年間の寄附先が5自治体以内であ... 詳細表示

  • 来年収入が無くなってしまう場合、どうなるのか。

    今年のふるさと納税の寄附上限額は、今年の収入により決定しますので影響はございません。 今年の年収ベースで寄附をしていただき、来年2月~3月の確定申告で控除の申請をしていた だくことで税の控除を受けることができます。 来年の収入が不確定な場合は、来年のふるさと納税の上限額に影響しますので、来年もふるさ と納税をされる際にはご注意くださいませ。 詳細表示

    • No:261
    • 公開日時:2018/03/16 15:00
    • 更新日時:2020/02/06 16:44
    • カテゴリー: 控除上限額
  • 退職金は給与収入として考えていいのか知りたい。

    退職金は寄附上限額の計算の対象となる所得ですが、退職金にかかる所得税・住民税が 「分離課税」に該当し、源泉徴収の対象となるため、上限額に影響する場合と しない場合があります。 控除に関わる詳細は弊社の提携する税理士法人MMIへご相談ください。 【無料相談】 税理士法人エム・エム・アイ http://www.mmigr.jp/ 03-3778-2202 (... 詳細表示

    • No:430
    • 公開日時:2018/03/16 15:00
    • 更新日時:2020/01/29 16:08
    • カテゴリー: 控除上限額
  • 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の金額はシミュレーションのどこに入れればよいか

    詳細シミュレーション内「小規模企業共済等掛金の金額」欄にご入力いただく事で、シミュ レーションができます。 ▼控除上限額シミュレーション https://www.furusato-tax.jp/about/simulation 詳細表示

    • No:1026
    • 公開日時:2019/01/22 17:54
    • 更新日時:2020/02/06 16:14
    • カテゴリー: 控除上限額
  • 企業としてふるさと納税をしたいが、個人の場合と手続きは異なるのか?

    ふるさとチョイスでは、法人としてご寄附をいただく事は可能でございます。 法人名をご入力いただく欄を設けておりませんので、「寄附者情報入力」欄で、氏名の部分 に寄附金受領証明書の発行を希望される法人名のご入力をお願いいたします。 なお、ふるさとチョイスでお申し込みいただく、通常のふるさと納税と、企業版のふるさと納税 には相違がございますので、以下をご確認... 詳細表示

  • ふるさと納税制度ってどんな制度?

    ふるさと納税は「税金を故郷に納税する制度」というように思う方がほとんどですが、 実際は「寄附」となります。 正式名称は住民税の「寄附金税額控除」といい、「寄附」を通じて、住民税の一部を 「自分のふるさと」である 自治体に移す制度です。 寄附をする自治体は「生まれ故郷」である必要はありません。ご自分の好きなところ を選ぶことができます。 もちろん、生まれ育った街... 詳細表示

15件中 1 - 10 件を表示