• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 936
  • 公開日時 : 2018/11/06 13:03
  • 印刷

寄附金受領証明書はいつまで保管しておく必要があるか

カテゴリー : 

回答

寄附金受領証明書は確定申告時に必要となりますので、確定申告を予定されている場合は、
今年のご寄附に関して、翌年の確定申告時まで、保管をお願いいたします。

ワンストップ特例制度をご利用される場合は、確定申告の必要がないので、寄附金受領証明
書を居住自治体へ提出することはございませんが、後に、寄附先自治体が5自治体以上に
なったり、医療費控除等のために確定申告が必要になる場合も考えられます。

確定申告をされると、ワンストップ特例の申請が無効になりますので、確定申告の際に合わ
せて、ふるさと納税(寄附金控除)の手続きを改めて行なって頂く必要がございます。
また、何らかの理由でワンストップ特例申請が正常に受け付けられず、還付申請の必要が
出てくる可能性もございます。その為、ワンストップ特例申請をご利用される場合でも、
申請の受付が完了し、住民税からの控除が確認できる来年6月頃まで、寄附金受領証明書も
保管されることをお勧めします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます